ハートフル Viridian

カウンセリング・料金について

連載記事

  • TOP
  • 連載記事
  • Therapist

「注意欠如・多動性障がい」

私はいつも考えています。どうして自分はこんななんだろう・・・と。何で上手くいかないのだろうと。何でいつもいつも、こんなに苦しいんだろうと。
母の言うように、本当に気が狂っているのでしょうか・・・。
日常生活そのものがしんどくて辛くて嫌になります。誰にも会わないで一人でいたいと思います。

小さな頃からいつもぼ~っとしていたようで動き出すのが遅れます。母は何回も「早くしなさい!」と声をかけていたようですが、私には聞こえていませんでした。
母の叱る声に気づいて焦ると、大抵は転んで余計に時間がかかったり、人や物とぶつかって怪我をさせたり壊してしまったり・・・そうするともっと慌ててしまって何が何だか分からなくなってしまいました。
そうかと思えば急にはしゃぎまわって大騒ぎして手が付けられなくなることがあったようで・・・私は覚えていませんが。母が怒って、私の事を気が狂っていると言っていたことは覚えています。
いつもぼ~っとしているくせに、いったんはしゃぎだすと止まらなかったのかも知れません。いつからかは分かりません。ただ「はしゃいじゃダメ!喋っちゃだめ!」と叱られていたことは覚えています。
そのうち、話そうとすると息がつまり、言葉がうまく出なくなりました。

小学校では毎日忘れ物をしていました。一つか二つ・・・必ず何かを忘れているんです。
母は忙しく、前夜一緒に教科書やノートを揃えることはできなかったので、一人で揃えていました。
担任の先生は私の不注意に呆れ、私にあだ名をつけました。「忘れ物の王様」。その日の夜、母にひどく叱られました。
それ以降も毎日忘れ物をする私は、クラス中に笑われ、からかわれていました。
どうして耐えられたのか分かりません。みんなが遠い違う世界にいるような・・・そんな気がしていたんだと思います。
それからも相変わらず教室ではいつもぼ~っと窓の外を眺めていて、先生の話をきいていなかったようです。名前を呼ばれていると気づいても「はい」と言うように唇が動いても声にはなりませんでした。
大人になって母から聞いた話ですが、「自閉症」ではないか、と先生に検査を勧められたことがあったそうです。実際には私は病院へは行っていないそうですが。

1年生の時に学校の聴力検査で、私だけ再検査になりました。
私には聞こえているのに、聞こえるはずがない、と何度も検査の医者に言われました。でも聞こえているので、ボタンを押して聞こえると答え続けました。何度も検査をしたので、母は医者に恐縮して、「ホントは聞こえてないんでしょ?!」「聞こえてないならそう言いなさい。」と私に言いました。私はだんだん分からなくなって、疲れ果てて何も答えられなくなり検査は終わりました。
でも、本当に私の耳には聞こえていたんです。いつも頭の中で何だか分からない音が聞こえていたんです。でも子供の私には説明ができませんでした。
私はいつも頭の中の「音」を聞いていました。みんなそうだと思っていました。
母の声も先生の声もみんな、頭の中の音の向こう側からしか聞こえない・・・遠くの声だったんです。

大人になってからは、職場での不注意による失敗ばかりでした。失敗するのではないかとビクビクして、混乱して、結局失敗してさらに混乱するのです。
落ちつこうと思っても、どうしても焦ってしまいます。浮足立ってしまって落ち着くことが難しいのです。
そんな状態ですから、上司からも疎まれパワハラのようなことがありました。私だけでなく、気分次第で同僚にも後輩にもつらく当たる人がいました。
私は不注意な人間でしたから仕方がないと諦めていましたが、私のミスのとばっちりで同僚や後輩に迷惑をかけているのは申し訳なくてたまりませんでした。
不注意なミスをなくすにはどうしたら良いのか・・・私は子供の頃から考え続けていました。
でも、いつも混乱状態で、大人になっても何かに急き立てられるように何もかも分からなくなって怖くなって頭も体も駆けだしてしまいそうになる私を、どうしたら良いのか・・・ずっと分からなかったのです。
考えても分からず、しまいには「私はそんな人間だから」と、考えることも悩むこともしなくなることもありました。

ある時電車のホームで大声で泣いている子供を見かけました。母親に抗議するように手を握り締めて大きな声を張り上げています。呼ばれてもその場に踏ん張って立っています。
何かが気になりました。その子供と自分との決定的な違いに気づきました。それは「動かない」事です。
その子供は両足を踏ん張って立っていました。私はいつも浮足立っていて、足が踏ん張れるなんて考えたことがありませんでした。
仕事をしながらも、これまでに不注意なミスあったのではないかと不安になって、いつものように目の前の仕事に集中できなくなりました。
堪らなくなって席から立ち上がりました。その時に朝見かけた子供の事が頭をよぎりました。気づくと私は両足に思いきり力を入れて踏ん張っていました。足の指まで力を込めて立っていると、少しずつ背中に張り付いた恐怖が無くなっていくように感じました。
ゆっくり座りました。大抵は微かに震えているのですが、止まっていました。
少しずつ落ち着いてくると、ミスが見つかったら謝って挽回しよう。ミスは取り消せないけれど、カバーすることは出来る。
そんな風に先の事を考えられるようになりました。
そういえば、2年ほど前に働いていた職場の上司は、仕事に対してとても「厳しく恐い」と評判の人でしたが、ある時、大きなミスをした直属の部下に対して言っていた言葉を思い出しました。それは・・・人間が間違えるものだ。ただ、間違いに気づいたときに、そのままにしないで、いかに迅速に対応できるかだ。それが大事なんだ!・・・と、言っていたのです。
(何故、急に思い出したのでしょう。何故、今まで忘れていたのでしょう。)

気づくと、頭の中の雑音はありましたが、あまり気にならなくなっていました。心の中のザワザワ急き立てるような不安はなくなってはいませんが、その場に留まっていられると感じました。
それが少しの自信になりました。やっぱりどこかへ飛んで行ってしまいそうな混乱や・・・飲み込まれそうな怖さはなくなりませんが、それが現実ではなく自分の感じ方なのだと区別がつくようになりました。
大丈夫、大丈夫、ジタバタしないで。こうやって足を踏ん張ってしっかり立っていれば良い。もう少ししたら静かになるから。
頭の中の雑音は遠のき、背中の悪寒は治まっていき、多分」生まれて初めて落ち着いた気分になることが出来たのです。

ずっと、子供の頃からとてもとて怖かったです。それに寂しかった。
みんなが私と同じように頭の中に雑音があると思っていたのに、自分がみんなと違うと分かってからは、自分が怖かった。
私はながいながい間、悩んで苦しんで、誰にも話すことすら出来ない「じぶん」と生きてきました。
・・・・私はADHDですか?

□この方は病院へ行って医師から診断を受けたことはありません。私には「診断」をすることはできないのです。ADHDなのかどうかを診断できるのは医師です。□

そうでなくてもそうであっても、もう良いんです。私は望まないのにいつもいる「じぶん「」と一緒に生きていくことに疲れ果てていました。
今は自分が人と違うところがあることを認めることが出来ます。混乱しそうになったらどうすれば良いかも少し分かりました。
これから先も辛いときはあるでしょうが、その時は話に来ます。

□ADHDは病気ではありません。「障がい」です。病気は治すことが出来ますが、残念ですが障がいは治すことができません。□

□ただ、自分の「個性」として生きる方法があります。□

「センサー」

毎日ヘトヘトです。色んなことが気になって、怖くて仕方がない・・・。夕方になると、職場の人や周りの状況に過敏になっていることが分かります。でもドキドキしてどうしようもないんです。

八つ当たりみたいな事があります。言い返さないし理不尽なことでも黙って聞いているから言いやすいんだそうです。黙っているのは、私が迷惑をかけたのか、他に嫌なことがあったのか・・・と、話の内容と相手の様子を伺っているからです。興奮して引きつった顔をして私に言葉をはさませずまくしたてるように話す時、いつもの「その人」ではありません。そんな時私が何か言っても、大抵の場合口答えをした、逆らったと怒りを煽るだけでした。それに、その人が何かを恐れているように感じる時もあって、話すことをためらいます。

子供の頃、気づいたことや不思議だと感じたことを、いつも母に聞ききました。子供って皆そうですよね。でもその度に、そんな細かなこと知らない、何故気にするのか・・・と煩がられていました。その内に、母が苛立ちはじめるのが分かりました。声の調子とか片付けの仕方とか歩き方とか・・・ちょっとしたことです。そうすると叱られると思って怖くて、ドキドキして逃げ出したくなるんです。始めは外へ逃げていましたが、家に帰ると余計に叱られました。だから、部屋の隅で母の様子を伺いながら、じっとしているしかありませんでした。いつからかいちいち「面倒くさい子」と言われるようになり、何も聞けなくなりました。

子供の頃から「その人」がいつもと違うところに気が付きます。私や誰かへの優しい言葉の中に、嘘やごまかしが見えます。私や誰かの為だと言いながら、、自分の都合や立場を計算している表情が見え隠れします。和やかな表情で、私や誰かに向けられる攻撃的な仕草に気が付きます。私や誰かの失敗を慰めながら、ホッとしたり軽蔑している顔が見えます。

もう、分からないんです。ずっと考えています。どうして私はこんな風なのか!私は変ですか?理由が分からなければ、怖くてもう一歩も外へも出られない・・・そう思うんです。

□子供の頃からたくさんのセンサー(察知)を持っているように思えます。同じようなにとても「敏感な人」がいます。HSP(Highly Sensitive Person)と言われています。敏感さは、「性格」ではなくて「気質」と言われる「生まれつきの特徴」で、例えば背が高いとか低いとかのような、もともと自分が持っているものです。この敏感な人は、他人の感情や周囲の環境に敏感に気づいてしまうので比較的心や体が疲れやすい、と言われます。また、母親が子供の敏感さを理解できず、親子関係が上手くいかない例はあります。この方の場合は「面倒くさい子」となり、母親からの関わりは他の兄弟に比べてごく少なかったそうです。

□他人の感情や周囲の環境を敏感に察知してしまう気質は、生まれ持ったものです。なくすことはできません。ただ、身長を伸ばしたくてその為の運動をして努力するように、自分の気質を正しく理解することで、自分を今よりも楽にしてあげる対応は可能でしょう。

□敏感さが始まりであっても、結果として自分に起こる感情は、思い込みや経験からくる結論の一例です。今抱えている悩みや問題のすべてが敏感さの為とは言えませんが、生きにくい世の中ではあるかも知れません。

『例えば・・・母とのやり取りで覚えた子供の頃の思い込みがあるんでしょうか。職場などで理不尽に当たられる時の状況は、子供の頃母に叱られた時に似ているかもしれません。』

『今まで自分を責めてきましたが、自分をもっと知ろうと思います。そして少しずつ楽にしてあげたいです。自分らしく生きる為に。』

「フラッシュバック」

頭の中に、一瞬何かが弾けるような、差し込まれる様な感覚があったのは、もう10年以上も前のことです。 始めは、パッと頭の中を何かがよぎる感じで、あまり気にしていませんでした。疲れているせいだろうと。 頻繁に起こるようになって、混乱しました。いたたまれないくらい気持ちがかき回されるし、かなり頑張らないと、自分にも生活にも現実感が無くなってしまいそうだったのです。。ですからそれが起こった後に、何がよぎったのか思い出そうとしました。 でも思い出そうとすると、動悸がしてきて息が苦しくなって、なかなか続けられませんでした。

何年間も同じことが繰り返し起こり、それでも何なのか、何故なのか分かりませんでした。それが起こった後の私の状態は変わっていきました。吐き気、震え、冷や汗、湿疹、頭痛、眩暈・怒り、悲しみ、孤独感、死にたくなるほどの絶望感・・・そして、最後は疲れ果てて無気力になるのです。

やがて絶望感と無気力感で、日常生活が難しくなっていきました。いつも通りにしている為に、変だと思われないように、プライベートでは誰にも会わないように自宅に引きこもるようになりました。 ある時、いたたまれなさに耐えている時、泣きながら呟いていました。 「やめてやめてやめて!でも絶対に勝てないんだ・・・」 。何が起きているのか分かりませんでした。自分が正気なのかどうかも分からなくなりそうでした。

自分なりに調べて、もしかしたらフラッシュバックかも知れないと思いました。忘れているだけで何かがあったのでは?! 分からないままでは、これ以上生活も人生も不安で生きていけないと思いました。だから、決めました。今までの事もこれからの事も起こること全部受ける。

□フラッシュバックとは、過去の出来事や体験による感情や情動が突然甦ることで、なんらかの心身反応が引き起される「 情動反応 」のことで、、「あのとき」の情景や記憶も甦る場合と、感情や気分だけが甦る場合があります。

□やがて記憶が一枚の写真のように頭の中に現れるようになりました。 最初は子供の私が小さな弟の三輪車に乗っています。足が上手くペダルに乗っていません。大昔の記憶なのに何もかも色鮮やかでくっきりしていて、でも・・・なんだか違和感があるのです。 ・・・・変なのです・・・うちは当時貧しくて、私は幼稚園に行けず、いつも一人で遊んでいました。三輪車なんてなかった。スカートをはいているけど持っていなかった。いつもズボンをはいていた。 この記憶は何?!いきなりぞっ!としました・・・これは嘘だ!!どうして?!全身に悪寒が走りました。 それ以後、その量は増えていきました。その度に色んな光景が見え、聞こえました。 真っ暗な奈落の底へゆっくり落ちていくような感覚・・・底には何が待っているのだろう・・・。 記憶の写真が動き出しました。声が聞こえます・・・薄暗い診察室で医者が言っています「まだ小さいから」。遠くから母の声が聞こえます「あの男が、そう言えって言ったのかい?!」 。思い出しました。当時近所のアパートに浪人生が住んでいて、幼稚園に通っていない私は遊んでくれるお兄さんといつも一緒でした。 母に止められていたような気がします。 体の奥が死ぬほど痛くてギュッと目をつぶったら、三輪車に乗っていました。下着に触れると手の平が染まっています。その手の平を見つめて暗転しました。 何が起こったのか・・・想像がつきました。 こころは5歳に戻りました。恐ろしさに震えました。涙が止まりませんでした。 自分が悪いんだ。自分のせいだ。自業自得だ。いいえ、悪くない。自分は小さな子供だった。

なぜ、いつもいつも心の奥底が悲しくて寂しくて、まるでずっと泣き続けているように感じるのか・・・なぜ理不尽な出来事に殺意に似た怒りを感じるのか・・・なぜ自分を許せないと思っているのか・・・なぜ生きていてはいけないと思っているのか・・・。 そんな自分にも理解出来ない心の奥底の誰にも知られたくない感情のわけが、分かったように思います。 自問自答を繰り返しながら、歯を食いしばって社会人としての生活を送りました。朝起きて会社へ行き、仕事をしながら自分以外の人と関わり、夜帰宅してお風呂に入って眠る・・・そんな毎日の生活の中で大人として少しずつ心が落ち着いて、5歳の子供から現在の自分へと・・・そうですね、成長したみたいです。

フラッシュバックは終わっていないのかもしれません。でも出来事のすべてを思い出すことが必要だとは思いません。もう必要ないからです。 これまでの私は、誰かに感謝されても、難しいことを成し遂げて褒められても、愛されても慕われても・・・自分を信じられないし、安心できませんでした。それは、どうせ勝てない、自分には力がない、悪いのは自分だから・・と、絶望していたからだったのかもしれません。

□こころは5歳の自分を守るために、選択をしたのでしょうか。抱えて生きるにはあまりにおおきく過酷な出来事を乗り越えて行ける時期までいったん覆い、成長を待つという選択です。やがて成長した自分のこころの覆いを払い、無意識のそこから自然に剥がれ意識に浮かんできたバラバラな記憶を、時間をかけて一つの体験として思い出すように。

□ いつかきっと、自分を抱きしめることが出来るでしょう。愛しい大切だと愛せるでしょう。そんな日が必ず来ると分かるから大丈夫、私は生きていきます。

インフォメーション

カウンセリングについて ネガティブをポジティブに変える「台本治療®」とは? 料金について 各カウンセリングの料金をご案内しています ご質問・ご相談 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい